DeNAの高卒5年目・細川が「完璧」左越えソロ 甲斐野の157キロ直球撃ち

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   DeNA3ー4ソフトバンク ( 2021年7月27日    ペイペイD )

<ソ・D>9回1死、細川(右)はソロ本塁打を放つ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 DeNAの高卒5年目・細川が、2―4で迎えた9回1死、甲斐野の157キロの直球を左越えソロ。今季26試合で打率・160、本塁打なしの成長株は「完璧です。結果を残したかった」と声を弾ませた。

 いずれも今季1軍出場のない伊藤裕は5回に左翼線へ適時二塁打を放ち、進藤は6回の1イニングを無失点に抑えた。三浦監督は「細川は今日の一発をきっかけにしてもらいたい。若手は明日以降どう取り組むかが大事」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース