阪神 投打に元気なくロッテに完敗…“主役”の座を鳥谷に奪われる

[ 2021年7月28日 21:25 ]

エキシビションマッチ   阪神2ー9ロッテ ( 2021年7月28日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・ロ(2)>2回2死、藤原の右越えソロを浴びて肩を落とす阪神・伊藤将(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は投打に精彩を欠いて完敗を喫した。先発の伊藤将が4回6失点で降板。リリーフ陣も追加点を奪われた。

 打線はロッテ投手陣の前にわずか5安打で2得点。前日2本塁打の佐藤輝は第2打席に右翼への二塁打を放つなど3打数1安打。9回に2点を奪って反撃したものの、この夜、一番の盛り上がりは途中出場で適時打を放ち、守備では遊撃に就いたロッテ・鳥谷の躍動だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月28日のニュース