日大三西東京大会4強進出 左腕エース・宇山5安打完封 創価の年下・杉江に「絶対負けたくなかった」

[ 2021年7月28日 12:37 ]

全国高校野球選手権西東京大会準々決勝   日大三3―0創価 ( 2021年7月28日    八王子 )

創価を5安打完封した日大三のエース宇山
Photo By スポニチ

 日大三の左腕エース宇山翼(3年)が創価打線を5安打完封し、チームのベスト4進出に貢献した。

 「スライダー、チェンジアップが良かった。それに相手もいい投手だったけど、年下だから絶対負けたくなかった」。今夏初先発とはいえ、創価の2年生エース杉江敏希へのライバル心が好投を呼び込んだ。小倉全由監督も「よく投げてくれた」と評価した。

 ベンチの信頼度が大胆な策を可能にした。1点リードの8回2死二塁で、この日2安打の1番・佐藤翔(3年)を申告敬遠。「勝ち越しの走者は出すけど、宇山は制球がいいから」。もし歩かせれば中軸につながる場面も2番打者を二ゴロに片付け、無得点に切り抜けた。

 31日の準決勝は東京ドーム。プロ仕様とあり、マウンドは硬めだが「ボク、硬い方が好きです」とニッコリ。左右両打者の内角をズバズバ突く軟投派左腕が、日大三を18年夏以来3年ぶりの甲子園へ導く。

 

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース