市和歌山・小園「力不足でした」と涙 8回完投も無念の4失点 女房役の松川とともにプロ志望表明

[ 2021年7月28日 05:30 ]

全国高校野球選手権和歌山大会決勝   市和歌山1ー4智弁和歌山 ( 2021年7月27日    紀三井寺 )

<智弁和歌山・市和歌山>6回、市和歌山・小園(左)に声をかける松川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 市和歌山の今秋ドラフト候補コンビは、3年間で一度も夏の甲子園を踏めないまま、高校野球生活を終えた。最速152キロ右腕・小園健太は8回117球完投も、7安打5与四球で4失点。早いカウントから振ってくる智弁和歌山打線に徐々に合わせられ、終盤3イニングで失点を重ねて涙をのんだ。この日の最速は148キロだった。

 「智弁和歌山さんは終盤に強いというか、少しでも浮いた球は見逃してくれませんでした。力不足でした」

 打たせて取る投球を心がけたとはいえ、奪った三振もゼロ。「振ってほしいところを振ってくれなかった」と脱帽した。中学時代から6年間、バッテリーを組んだ高校通算43本塁打の松川虎生への思いを問われた際に「最後、甲子園で終わりたかったという思いは…あります」と声を詰まらせる場面もあった。

 注目の進路について小園は「(プロ志望届を)出します」と言い切った。松川も「プロ一本です。活躍できる選手になりたい」と前を向いた。秋のドラフトで、2人そろっての指名を待つ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月28日のニュース