ツインズ・マエケン 延長10回に代走でサヨナラ生還 指揮官「優れたランナー」

[ 2021年7月28日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ6-5タイガース ( 2021年7月26日    ミネアポリス )

<ツインズ・タイガース>タイブレークの延長10回、二塁走者として代走で出場した前田(AP)
Photo By AP

 ツインズの前田が登板前日に代走としてサヨナラのホームを踏んだ。同点の延長10回、タイブレーク制の二塁走者として代走で出場。2死一、二塁となり、ケプラーの中前打で三塁を蹴って一気に生還した。

 前田はドジャース時代の16年のメジャーデビュー戦で本塁打を放つなど、投球以外でも高い能力を持つ。ロッコ・バルデリ監督は「優れたアスリートで優れたランナー」と高く評価し「本塁で際どいプレーにならなくてよかった」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース