オリックス・中嶋監督「何が起こるか分からない」危機管理のため一時的に一塁と三塁コーチを入れ替え

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   オリックス2-5ヤクルト ( 2021年7月27日    京セラD )

オリックス・中嶋監督
Photo By スポニチ

 オリックス・中嶋監督は後半戦のスタートダッシュへ、危機管理を欠かさない。シーズン中は一塁コーチの田口外野守備走塁コーチを三塁、風岡内野守備走塁コーチを一塁へと一時的に入れ替え。「(ワクチン接種の)副反応とか何が起こるか分からない。ある程度、用意しておかないと」と説明した。またウエスタン・リーグの広島戦(由宇)では投手コーチ兼任の能見が先発し、5回を投球。後半戦開幕から2カード連続で屋外での試合が続くため「(本拠地が)ドームの分、日に当たることが少ない。どの選手も炎天下の試合は経験してもらう」と暑さ対策も進めていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース