28日福島で侍初戦「ヤマサカ」コンビが打線引っ張る

[ 2021年7月28日 05:30 ]

ロングティーに汗を流す坂本(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは1番・山田、2番・坂本の「ヤマサカ」コンビが打線をけん引する。24日の楽天との強化試合では初回に山田が四球、坂本が左前打で好機を広げ、一挙3得点の足がかりとした。

 山田は相手先発のメルセデスを「どんな球を投げるかは分かってるけど、逆に向こうも僕がどんなバッターか分かってる」と警戒。坂本は「テレビで見てくれている人たちに何かを感じてもらえるようなプレーを出していければ」と誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月28日のニュース