ヤクルト・サイスニード5回1失点 後半戦巻き返しへ五輪から刺激

[ 2021年7月28日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   ヤクルト5-2オリックス ( 2021年7月27日    京セラD )

<オ・ヤ>5回1失点の好投を見せたヤクルト先発・サイスニード(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの来日1年目の前半戦は5試合で1勝止まりだったサイスニードが5回1失点と好投した。

 オフは夫人の故郷・米アラスカ州で過ごす右腕。東京五輪の競泳女子100メートル平泳ぎで同州出身初の競泳五輪選手のリディア・ジャコビーが金メダルを獲得し、自身のインスタグラムのストーリーズで「Fellow Alaskan winning gold!!(アラスカの仲間が金メダル)」と祝福した。

 故郷の仲間から力をもらった助っ人が、後半戦に向けて調整を重ねていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月28日のニュース