ソフトB、貧打で2連敗 9回チャンスにあと1本出ず 工藤監督「もっと打つ方が頑張らないと」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―3楽天 ( 2020年9月20日    ペイペイD )

<ソ・楽>9回2死満塁、一直に倒れる栗原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 一塁へ向かう途中で天を仰ぐ栗原とともに、ペイペイドームに「あぁ…」と落胆声が響いた。ソフトバンク9回の攻撃。釜元の左前適時打で1点差に詰め寄り、なおも2死満塁。楽天4番手ブセニッツの151キロ直球を捉えた栗原の打球は強烈な一塁へのライナーとなり、鈴木大の好捕で幕切れとなった。

 あと一打が出ず、2連敗。「いい粘りでしたが、もう一息でした。まあ現状を考えれば、もっと打つ方が頑張らないと。投手陣はしっかり3点以内で頑張っている。もうちょっと打線が援護してあげれば。頑張ってほしい」。打線は2試合で計3点しか奪えていない。工藤監督は、野手の奮起を促した。

 前日19日は初対戦のルーキー滝中の前に6回途中まで5安打1得点。この日はベテラン岸の前に6回4安打1得点。両先発右腕に粘られ、4カードぶりの負け越しが決まった。

 1―1の6回。周東の左前打、柳田の申告敬遠などで2死二、三となり、打席は松田宣。5球中4球が外角低めに集められ、最後は外に逃げるボール球のカーブをひっかけて遊ゴロ。流れは変わり、7回に石川が勝ち越し弾を許した。「振るか、振らないかのところに投げ込むコントロールがいいなと」。1点を追う7回2死三塁では代打デスパイネが右飛。指揮官は、岸に脱帽するしかなかった。

 拙攻で1点差ゲームを落としたが、うつむいているひまはない。ロッテが勝ってゲーム差は1・5に接近した。それでも80試合を終えて首位をキープし、貯金は15。22日からのオリックス3連戦は、移動なく本拠地で戦える。切り替えて戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース