阪神・高橋 22日先発へ意気込み

[ 2020年9月21日 12:44 ]

阪神・高橋遥人
Photo By スポニチ

 明日22日のDeNA戦(甲子園)に先発することが予想されている阪神・高橋遥人投手(24)が意気込みを語った。

 「(DeNAは)長打を打てる打者が多く、どんどんスイングしてくるイメージがあるので、余計なランナーを出さないように心掛けたいです」

 DeNA戦は今季初登板。前回15日の巨人戦(東京ドーム)は5回を投げて9安打5失点だったが、「前回は悔しい登板になりましたが、やるべきことは変わらない。しっかり試合を作れるよう準備します」と誓った。

 7月10日から観衆5000人を上限としていたが、21日から入場制限が緩和され1万人程度が動員される。

 「少しでも多くのファンの前で投げられることはうれしいですし、気持ちも高ぶるので、良いピッチングを見せられるように頑張ります」

 今季3勝目を目指して聖地のマウンドに上がる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース