日本ハム 初の「4番」西川適時打も逆転負け

[ 2020年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―5ロッテ ( 2020年9月20日    札幌D )

初回1死一、二塁、先制の適時打を放った西川はガッツポーズ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは逆転負けを喫し、2位・ロッテ相手の同一カード3連勝を逃した。

 連戦の疲労を考慮され、主砲・中田がベンチスタート。西川が初めて4番を務め、初回に先制の左前適時打を放った。「4番ではなく、4番目の打者として仕事ができた」。しかし、9回2死から追い付かれ、その裏の2死一、三塁のサヨナラ機には代打・中田が遊飛。オーダーについて栗山監督は「今日のメンバーで一番勝ちやすい形」とだけ話し、延長10回の末に敗れて渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース