広島 黒星も9回5点の猛追に手応え 佐々岡監督「明日につながる」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6―8ヤクルト ( 2020年9月20日    神宮 )

9回2死一、二塁、中堅に適時二塁打を放つピレラ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 「逆転のカープ」のイズムは、低迷するいまも確かに息づく。20日のヤクルト戦、1―8と敗色濃厚の9回だった。完投を目指す小川から、先頭の鈴木誠、松山の連打で一、三塁。堂林の投ゴロ併殺の間に得点するも、2死無走者となった土壇場で底力が現れた。

 田中広からの6連打で2点差にまで迫った。そのうちの代打・坂倉、ピレラ、上本、野間の4連打は、いずれも途中出場の選手。朝山打撃コーチは、「途中から出た選手が集中力を持って1打席にかけてやってくれた」と称えた。

 2死一、三塁で代打・正随が空振り三振。本来なら鈴木誠の打順ながら、代走を送られて途中交代していた。首脳陣の想定を超える猛追。佐々岡監督は「連戦で出続けてくれて、1イニングだけでも休ませてあげたいと思っている。最後まで粘り強く攻撃してくれたことは明日につながる」と説明して、ナインの反発力を称えた。

 「七夕の奇跡」に通じる姿勢だった。17年7月7日、神宮球場でのヤクルト戦。5点劣勢の9回、当時の抑えだった小川から代打・新井の決勝3ランでの逆転勝利は、リーグ3連覇した「逆転のカープ」を象徴する一戦として語り継がれる。今季の逆転勝利数は8度で、中日と並ぶリーグ最少。救援陣の5失点が最後に響いたように、投打がかみ合えば、当時のような劇的な一戦も増えるだろう。

 きょう21日から敵地で対戦する首位・巨人とは、今季5勝6敗。借金1はリーグ最少である。猛追の手応えのまま、元王者としての誇りを示しにいく。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース