横浜、2年ぶり4強 最速147キロ左腕・金井が制球難も打線爆発

[ 2020年9月21日 05:30 ]

秋季高校野球 神奈川大会準々決勝   横浜8―1相洋 ( 2020年9月20日    保土ヶ谷 )

<相洋・横浜>先発した横浜のエース左腕・金井
Photo By スポニチ

 横浜が7回コールドで今夏独自大会準優勝の相洋を下し、2年ぶりの4強進出。

 来秋のドラフト候補で最速147キロを誇る左腕・金井慎之介(2年)は、県大会初登板で先発も4回1/3を1失点5四死球と制球に苦しんだ。「気持ちに焦りが出てしまった。荒れても要所でまとめられたのは打線のおかげ」。13安打で8点を奪った味方の援護に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース