西武・森 満塁走者一掃の逆転打で連敗ストップ 攻守で苦しむも「頑張るしかない」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―4オリックス ( 2020年9月20日    京セラD )

<オ・西>8回2死満塁、走者一掃の逆転二塁打を放つ森(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ベンチを温めていた西武・森が、チームを救った。「理想の形で(逆方向の)レフト方向に打てた。みんなつないでくれたし、初球から打とうと思った」。7回に代打で出場し、2打席目は2点を追う8回2死満塁。吉田凌のスライダーを捉え、左翼フェンスを直撃する走者一掃の逆転二塁打を放った。

 昨季のMVP&首位打者は打撃の不振に苦しみ、リード面でも苦しむ。過去10試合で先発は5試合。しかも40失点で5戦全敗だった。「悔しいが(控えが続くのも)現状当たり前」。敗れれば自力優勝が消滅する可能性もあった中で連敗を3で止める一打を放った。

 仲良しコンビの山川も0―4の6回に左越え22号で反撃の口火を切った。不振の4番が7試合ぶりとなる待望の一発。辻監督は「山川も打ってよかった。でも、やっぱり森が(スタメンに)いないと寂しい。リード面もあるが、いないと打線が弱くなる」と本音を漏らした。森も「へこんでも仕方ない。頑張るしかない」と攻守両面での復活を誓った。 (大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース