巨人新人テストを阿部2軍監督も視察「1軍に1%でも可能性がありそうな選手発掘を」

[ 2020年9月21日 17:32 ]

入団テストを視察する(左から)大塚淳弘球団副代表、阿部二軍監督、水野コーチ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人は21日、川崎市のジャイアンツ球場で新人テストを行った。87人が参加したこの日、3軍コーチ陣のほか現在は1軍ヘッドコーチ代行を務める阿部慎之助2軍監督(41)も視察した。

 東京ドームでの広島戦前に遠投やノックの様子に見入った阿部2軍監督は「1軍に1%でも可能性がありそうな選手を発掘しないといけない。1軍の戦力を最終目標にできるような選手集めをする」と話した。

 今季はファームとアマチュアとの交流戦を頻繁に行っているが、大敗する試合もあり「育成だったらちょっとお断りしますとか多いって聞く。育成っていうイメージもこれからどんどん変えていかなくちゃいけない。少しずつ良くしていければ」と語った。

 午前中に阿部2軍監督とスタンドで見守った大塚淳弘球団副代表編成担当は「例年よりレベルが高いのかなという感じ。必ず独立リーグから1人取る形にしていきたい」と明言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース