巨人・直江、待望プロ初勝利まであと2死で無念の降板「くやしいです。くやしい。。」

[ 2020年9月21日 20:00 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2020年9月21日    東京D )

<巨・広>5回1死一、二塁、ボールを坂本(右)に手渡し降板する直江(左)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 巨人の高卒2年目右腕・直江大輔投手(20)が21日の広島戦(東京D)でプロ3度目の先発登板。勝利投手の権利がかかった5回に1死から連続四死球を出して降板し、プロ初勝利はまたも先送りとなった。

 初回、1番・大盛に左前打され、続く2番・田中広には真ん中高め直球を右翼スタンドに運ばれて開始から8球で2失点スタートとなった直江。だが、その後は立ち直って無失点を続けると、打線は初回に主砲・岡本の適時打で1点差とし、2回には松原が同点ソロ、3回には丸の内野ゴロで勝ち越し、4回には中島のソロなどで3点と毎回得点を続け、20歳右腕の初勝利を強力に後押しした。

 だが、勝利投手のかかった5回だった。1死を取ってから代打・正隨に四球を与えた後、大盛には死球。ここで宮本投手チーフコーチがベンチを飛び出すと、原監督が交代を告げた。プロ初勝利まであと2死まで迫った場面での悔しい降板。ベンチに戻った直江は原監督に続いて1軍ヘッドコーチ代行を務める阿部2軍監督にも声をかけられ、真剣な表情で聞き入っていた。

 直江はエース菅野の11勝に次ぐ7勝を挙げてブレーク中の2018年ドラフト6位・戸郷翔征投手(20)と同期にあたる同年ドラフト3位。プロ初先発初登板となった8月23日の広島戦(マツダ)は3回に坂本の適時打で先制点をもらったものの4回に主砲・鈴木誠に同点ソロを浴びて4回3安打1失点で降板。8月30日の中日戦(東京D)では初回に3点援護をもらい、自身も3回まで1人の走者も出さないパーフェクト投球を披露したが、4回途中3安打1失点で降板し、2試合続けて4回が“鬼門”となっていた。この日はその4回を乗り越えて自身最長の5イニング目に入ったが、力尽きた。

 直江の投球内容は4回1/3で打者19人に対して85球を投げ、4安打2失点。2三振を奪い、与えた四死球は2つだった。

 ▼巨人・直江 先制されたが、切り替えて立て直すことができましたが、最後の最後で自分の弱いところが出てしまった。そこが一番くやしいです。くやしい。。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース