明大・入江、志願の連投2回1安打零封 憲伸&森下の後継「11番」の意地示す

[ 2020年9月21日 05:30 ]

東京六大学秋季リーグ 第1週最終日   明大3―3早大 ( 2020年9月19日    神宮 )

<明大・早大>8回2死、太田を見逃し三振に仕留め雄叫びを上げながらベンチへ引き揚げる入江(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われた。明大は前日に5回6失点でKOされた153キロ右腕・入江大生投手(4年)が連投で好救援。2回を無失点で早大と3―3の引き分けに持ち込み、ポイント獲得に貢献した。春秋連覇を狙う法大は東大に10―1で連勝。ドラフト候補の高田孝一投手(4年)は先発で7回1失点に抑えた。

 明大伝統のエースナンバー「11」を背負う入江が気迫の連投だ。早川との投げ合いに敗れてから一夜明け。ドラフト1位候補右腕は、チームが同点に追い付いた直後の8回に登板した。この日最速151キロの直球を軸に2回1安打無失点。引き分けにつなげ「ここで点を取られたら明治の11番を返そう、それぐらいの気持ちで投げました」。川上憲伸(元中日)、森下暢仁(広島)らの後継者として誇りを示した。

 8回先頭の4番・岩本に3球連続で内角へ投じ、三ゴロに片付けると勢いに乗った。「(昨日は)外、外と丁寧にいきすぎた。人格を変え、強気にいきました」と思い切り腕を振った。前日に連投を伝えたという田中武宏監督は「相手の反応からボールも伸びていたはず」と満足そうだった。 (伊藤 幸男)

 《ポイント制採用》東京六大学野球秋季リーグは従来の2戦先勝の勝ち点制ではなく、2回戦総当たりで47年秋以来となるポイント制を採用。勝ち1、引き分け0・5、負け0で、合計ポイントで順位を決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース