オリックス、痛恨逆転負け 中嶋監督代行悔しさにじませ「なんとかできたんだろうな」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―5西武 ( 2020年9月20日    京セラD )

<オ・西>初回2死、先制の本塁打を放つ太田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは20日の西武戦で次代を担う若手が強烈な存在感を示したが、痛恨の逆転負けに沈んだ。中嶋監督代行は「悔しいですよね、勝たせてあげたかったですよね…。なんとかできたんだろうな~、クソ」と感情を露わにした。

 「若い奴らが試合に出るために、チームが育っていくために、どうするのか。その点で、きょうの試合は絶対に勝たないといけなかった。勝って、あいつらが(レギュラー候補に)出てきてくれたらと思うが、そこ(勝利と育成の両立)ができなかったのは痛い」

 指揮官が唇を噛んだのは、ただの逆転負けではなかったからだ。就任直後から「勝利」と「育成」の両立を図る構えを示してきた。スタメン野手全員が10代、20代。入団年数で言えば、プロ7年目の若月が最古参という陣容で臨んだ。初回2死無走者で19歳・太田が昇格即となる左翼への3号ソロで先制。3回2死一塁では同じく19歳・宜保も昇格即となる左中間適時二塁打を放ちプロ初打点をマークした。5回には高卒3年目21歳・西浦も1号ソロで、4―0と突き放した。

 「3番・二塁」の太田は7月17日、18日のソフトバンク戦で21世紀生まれ初アーチを含む2戦連発を放つなど攻守で好素材。「2番・遊撃」の宜保は5月に右手有鉤骨の疲労骨折で離脱したが、開幕スタメンも有力視されていた逸材だ。将来の二遊間コンビに刺激を受ける形で西浦も続いた。「そこ(勝利と育成)を両立できなかったのは凄く痛い」と繰り返した指揮官。低迷するチームの再建へ本気だ。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース