ロッテ・加藤 決勝の2点三塁打「ここで試合を決めるという気持ちだった」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―3日本ハム ( 2020年9月20日    札幌D )

10回2死一、二塁、勝ち越しの2点適時三塁打を放つロッテ・加藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 途中出場のロッテ・加藤が3―3の延長10回2死一、二塁で決勝2点三塁打を放った。

 3ボール1ストライクから右横手投げの鈴木健のスライダーを捉え、打球は左中間を抜けた。「ここで試合を決めるという気持ちだった。外野手が前進守備なのは分かっていたので打った瞬間、抜けると分かった」とガッツポーズ。今季は開幕2軍スタートも、8月下旬に1軍昇格後は打率.288と好調だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース