東海大相模、4強進出 連投石田が横浜商を9回途中7K零封「腕が振れた」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

秋季高校野球 神奈川大会準々決勝   東海大相模6―0横浜商 ( 2020年9月20日    保土ヶ谷 )

<横浜商・東海大相模>8回1/3を無失点に抑えた東海大相模のエース石田
Photo By スポニチ

 東海大相模は完封リレーで横浜商を下し4強に進出した。エース左腕・石田隼都(2年)は19日の立花学園戦から連投も、持ち前のテンポの速い投球で8回1/3を投げて7奪三振を奪い、7安打無失点。「連投の影響もなく、腕が振れた」と頼もしかった。

 来春センバツ出場につながる関東大会出場を懸け、26日の準決勝は横浜と激突する。石田は「あと1週間、もっと成長して良い雰囲気で臨みたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース