DeNA 今季6度目零敗で巨人と11差 ラミレス監督、畠に脱帽「精度が良かった」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0―5巨人 ( 2020年9月20日    横浜 )

選手交代を告げベンチへ戻るラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは今季6度目の零敗を喫し、今季初の巨人戦同一カード3連勝を逃した。

 巨人・畠の前に唯一の好機だった2回1死一、二塁を逸し、6回までわずか2安打。ラミレス監督は「予想よりもかなりいい投球をされてしまった。全体的に精度が良かった」と脱帽した。

 首位・巨人とのゲーム差は11に開いて正念場。きょう21日から0・5ゲーム差で追う2位・阪神との3連戦。指揮官は「100%、ベストを尽くしていい結果をものにしたい」と切り替えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年9月21日のニュース