巨人・丸 今季初の2打席連発「しっかり自分の強く振れるところだけ待った」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―0DeNA ( 2020年9月20日    横浜 )

4回、無死一塁、丸は2ランを放ち、ナインの出迎えをうける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 何事も割り切りが大事。巨人・丸が技巧派右腕を攻略し、今季初の2打席連発を放った。

 「いろんな球種をバランス良く組み立ててくる。全てを追い掛けずにしっかり自分の強く振れるところだけ待った」。相手先発は多様な球種を操る大貫。スプリットにスライダー、ツーシーム…。自らがフルスイングできる球に絞った。4回は真ん中のスライダーを逃さず捉えて右中間席へ16号2ランを運んだ。6回は内角高めのツーシームを捉えて右中間席に17号ソロ。「畠が頑張っていたので」と右腕を援護した。

 「原監督も常々“勝っても負けてもフラットな気持ちで臨んでいこう”とおっしゃっているので、それがしっかりとできた」。常に割り切った状態でいられるのが、丸の強みだ。 (青森 正宣)

《M点灯から5日間で6減》巨人がDeNAに勝ち、阪神が中日に敗れたため巨人の優勝マジックは2減りM32となった。マジックは15日に38が初点灯。16日以降の巨人は2勝3敗と負け越しているが、阪神、DeNAもともに2勝3敗となっており、5日間で6減らしたことになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月21日のニュース