ロッテ連敗止まって4位浮上!角中&荻野の適時二塁打で逆転勝ち 石川が8回2失点で2カ月ぶり白星

[ 2019年8月20日 21:22 ]

パ・リーグ   ロッテ7-3楽天 ( 2019年8月20日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>7回裏、同点打を放ち、勝ち越しの生還をした角中(右)を迎える石川(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテが7―3の逆転勝ちで連敗を3で止め、4位に浮上した。1-2とリードされた7回、1死一塁から代打の角中が右線への適時二塁打で同点とすると、2死三塁となって荻野がレフトフェンス直撃の適時二塁打で逆転に成功。先発の石川は最多タイの11奪三振で8回6安打2失点の好投を見せ、6月2日の西武戦(ZOZOマリン)以来となる4勝目。 試合結果

 ロッテ先発の石川は3回までパーフェクトピッチング。上々の立ち上がりを見せたが4回、1死から島内に初安打を許し、続く浅村にも連打を浴び1死一、二塁に。ブラッシュを見逃三に打ち取るも銀次に中前適時打を浴び失点。1-1の6回には2死二塁からブラッシュに左前適時打を浴び勝ち越しを許す。ブラッシュの鋭い打球に飛びついた遊撃の平沢だったがグラブを弾かれ惜しくも捕球できなかった。

 打線は2回、無死一塁からレアードが右中間を破る適時二塁打で先制。1-2とリードされた7回、1死から井上が左安で出塁。ここで代走の岡が起用され、平沢の打順で代打・角中が打席へ。角中は岸の5球目を右方向へ強打。打球は一塁ベースに直撃し右線を転々とする間に一塁走者の岡が一気に生還。同点に追いつき2死三塁となったところで荻野がレフトフェンス直撃の適時二塁打で逆転。

 8回には岡の4号3ランが飛び出し7―3で快勝。石川は8回111球11奪三振の力投が実り、2カ月ぶりの白星となった。

 楽天は勝率5割転落。先発の岸が6回まで4安打1失点と好投するも7回、ロッテ打線につかまり4敗目を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース