ノッてる男 オリ張奕「懐かしい」“第二の故郷”福岡で快投必ず

[ 2019年8月20日 05:30 ]

オリックスの張奕
Photo By スポニチ

 先発デビューから2連勝中のオリックス張奕(チョウヤク)投手(25)が、第二の故郷での快投を誓った。22日に先発予定のソフトバンク戦は、福岡第一、日本経済大と7年間を過ごした福岡が舞台。学生時代の友人も観戦に訪れる予定で「久しぶりで、懐かしい。次は投手ですが、頑張りたい」と思いをはせた。

 ヤフオクドームでは大学時代に本塁打を放ったこともあるが、マウンドに上ったことはない。「野手の時は壁にぶつかることしかなかった」と、苦しい思い出ばかりがよみがえるが、育成野手出身の投手としてはプロ野球史上初の勝利投手にも輝き、今回はさながら凱旋登板。ノッている勢いをかわれて、当初予定の日本ハム戦から変更となり、首位チームと激突することになった。

 ソフトバンクには初登板ながらテレビでの予習に余念がなく、「周東は警戒されても盗塁を決めるやっかいな選手」と、同じく育成選手だった周東の俊足を警戒。上り調子のチームをさらに押し上げるべく、腕をぶす。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月20日のニュース