三田フレンズ 初出場対決制し全国1勝 落合V打に好救援

[ 2019年8月20日 05:30 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント第1日   三田フレンズ1―0玉祖野球スポーツ少年団 ( 2019年8月19日    神宮 )

<玉祖野球スポーツ少年団・三田フレンズ>最後の打者を抑えてガッツポーズをする三田フレンズ・落合
Photo By スポニチ

 神宮球場など、東京都内の計5球場で開幕され、1回戦19試合が行われた。三田フレンズ(神奈川)は、初出場同士の顔合わせとなった玉祖(たまのや)野球スポーツ少年団(山口)を相手に1―0で勝利。先発の志村隼投手(6年)が5回を無失点に抑え、先制打を放った落合奏翔内野手(6年)が残り2回を締めた。20日は5球場で2回戦16試合が行われる。

 最後の打者を投ゴロに仕留めた落合は、大きなガッツポーズ。全国1勝の喜びを体いっぱいに表現した。「素直にうれしいです。(マウンドは)緊張した」。自ら放った先制打を、直後の守りから2イニングを2安打無失点で踏ん張った。

 6回攻撃で2死二塁の好機。「4番・三塁」で出場していた主将は「絶対に打ってやろうと思った」と2球目を左前に運んだ。今大会から70球の球数制限が導入され、先発の志村は5回終了時に67球に達した。打席前から落合の救援は決まっていたが、志村克己監督は「(適時打を放って)気分良くいけたのでは」と振り返った。

 バックも投手戦を支えた。5回2死一塁では浅い中飛をOBの阪神・小宮山のいとこである中堅の小宮山一郎がダイブして好捕。志村監督は「“一試合一試合を思い切り、楽しんでやろう”と言っている」と次戦へ意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース