侍・稲葉監督 充実台湾視察終え帰国「いい選手多い」

[ 2019年8月20日 05:30 ]

台湾リーグ視察から帰国した侍ジャパン・稲葉監督(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が19日、台湾プロ野球の視察を終えて帰国した。

 羽田空港で取材に応じた稲葉監督は「自分の目でたくさんの選手を見ることができたし、いい選手が多かった。(代表監督を務める)洪一中監督の采配も見られた。充実した4日間だった」。台湾とは11月の第2回プレミア12の1次ラウンドで対戦。今回は試合会場となる球場も視察し「芝、土質も大きく違う」と話した。9月には韓国プロ野球の視察などを行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース