雄星 亡き父雄治さんに学んだ“格好いい父親”への第一歩

[ 2019年8月20日 08:21 ]

ア・リーグ   マリナーズ7-0ブルージェイズ ( 2019年8月18日    ロジャーズ・センター )

マリナーズの菊池雄星投手(AP)
Photo By AP

 【記者フリートーク】「格好いい父親になりたい」。菊池のこの言葉が強く印象に残っている。3月31日に父雄治さんが59歳で死去。幼い頃から雄治さんに「人と違うことは当たり前なんだ」と教えられ、己を信じ、意思を貫く強さを学んできた。菊池にとって雄治さんは紛れもなく“格好いい父親”だった。

 7月に誕生した長男について菊池は「めっちゃ可愛いです。家にいる時は毎日抱っこしていますよ。良い筋トレになりますから」とジョークを交えながらも、真顔で話す。激動のメジャー1年目。父から学んだ生きざまを子に示す白星になった。(大リーグ担当・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース