多賀少年野球クラブ、初戦突破 2番・高田「打った瞬間、入ると」

[ 2019年8月20日 10:41 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント   多賀少年野球野球クラブ(前年度)2―0額レッドライオンズ(石川) ( 2019年8月20日    神宮球場 )

本塁打を放ちチームの勝利に貢献した多賀少年野球クラブの高田庵冬
Photo By スポニチ

 昨年の王者・多賀少年野球クラブが初戦を突破した。「2番・三塁」で出場した高田庵冬投手(3年)が1―0の3回、先頭で左翼席へソロアーチを運んだ。「アウトコースのボールを引っ張るつもりで打った。打った瞬間、入ると思った」と笑顔を見せた。

 昨年も準決勝で一発をマークしており、これで2年連続本塁打となった。「今年も優勝したい。チームのために打ちたい」と自慢のパワーで連覇を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース