阪神 2者連続スクイズ失敗から押し出し&福留タイムリー

[ 2019年8月20日 20:01 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年8月20日    京セラD )

<神・D>5回、2死満塁、走者一掃の3点適時二塁打を放つ福留(投手・浜口)(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 阪神は5回、2者連続でスクイズを失敗した。

 両軍スコアレスで迎えた5回。1軍昇格即先発出場を果たした中谷は無死一塁から浜口のチェンジアップをとらえ、左翼線へ二塁打を放った。この日は「7番・右翼」で先発。先発は実に6月4日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来だった。

 この中谷の一撃で無死二、三塁と好機を広げたが、梅野は2ボールからの3球目にスクイズ失敗(ファウル)。結局二飛に倒れた。続く青柳も2球目にスクイズを試みたが、ファウルに。その後、空振り三振に倒れた。

 球場には重い空気が充満したが、近本の申告敬遠で満塁とすると、続く木浪がストレートの四球を選び、1点を先制した。さらに満塁の絶好機で福留が右中間へ走者一掃の二塁打を放ち、リードを広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月20日のニュース