白鳥本町少年野球クラブが初戦突破 自慢の打線で打ち勝つ

[ 2019年8月20日 13:15 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント   白鳥本町少年野球クラブ(香川)12―8津久見少年野球部(大分) ( 2019年8月20日    神宮球場 )

ヒットを打ち一塁ベース上でガッツポーズをする白鳥本町少年野球クラブの橋本芙多葉主将
Photo By スポニチ

 打線が15安打で12点を挙げ、初出場で初戦を突破した。高原尉博監督は「うちは打線が売り。練習も打撃ばかりです」と得意の打撃戦に持ち込んだ。

 ベンチ入りメンバーはわずか12人。少数精鋭を引っ張るのが、紅一点の橋本芙多葉主将(6年)だ。「5番・一塁」で出場し、「勝ち負けを意識しないで楽しむことを心掛けた。ヒットを打った時が一番楽しかった」と一挙6得点となった3回には中前打を放ち、ガッツポーズを見せた。

 小学2年秋から野球を始めた。「プロ野球を見て格好いいと思った。広島の野間選手が好き」と笑顔がよく似合っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース