阪神・大山 初回の絶好機に空振り三振

[ 2019年8月20日 18:20 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年8月20日    京セラD )

<神・D>初回、2死二、三塁、大山が空振り三振に倒れる(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 阪神は初回の絶好機を逃した。2死から福留が四球で出塁。続く4番のマルテがDeNA先発・浜口の高めに浮いたスライダーを仕留め、左翼線へ二塁打を放った。

 マルテは今季、対浜口に対して6打数5安打とキラーぶりを発揮。二、三塁に好機を広げたが、5番の大山が空振り三振に倒れると、球場はため息に包まれた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース