ロッテ2軍準本拠に浦安市検討 TDSのアトラクション&花火見える全面人工芝野球場

[ 2019年8月20日 05:30 ]

 ロッテが来季、浦安市運動公園野球場を2軍の「準フランチャイズ」に検討していることが19日、分かった。全面人工芝で東京ディズニーシーに「タワー・オブ・テラー」を望み、夢の国の花火も見える同球場は17年に完成した。プロ野球開催に支障があった防護ネットは、来年3月までに高さ25メートルから45メートルになる予定だ。

 メインのロッテ浦和球場は埼玉にあり、千葉県内の2軍戦を推進する球団は、ナイター完備の同球場で特に夏の試合を増やしたい考えだ。浦安市は「実施も含めて検討中」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月20日のニュース