西武・秋山13打席ぶり安打が逆転V2点打「ここで打たないと終わり」

[ 2019年7月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―3ロッテ ( 2019年7月17日    メットライフD )

5回無死満塁、右前適時打を放つ秋山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・秋山が0―1の5回無死満塁で逆転の2点適時打を放った。これが、後半戦3戦目の初安打で10日のソフトバンク戦以来13打席ぶりの安打だった。

 前日までの2試合で9打数無安打6三振。「ここで打たないと終わりだなと思っていた。今日のゲームでいえば良かった。ただ、楽観視できるほどつかみきれていない」と話した。チームは連勝で貯金2。辻監督は「あそこまでのバッター。本当にちょっとしたこと」と完全復調に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース