【兵庫】社の148キロ右腕・藤本、7回ノーヒッター!毎回12K「三振取りにいきました」

[ 2019年7月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 兵庫大会3回戦   社7-0須磨友が丘 ( 2019年7月17日    高砂 )

社のエース・藤本
Photo By スポニチ

 プロ注目右腕、社のエース藤本が、須磨友が丘との3回戦で7回参考ながらノーヒットノーランを達成した。最速148キロの直球を武器に、毎回の12三振を奪って7回コールド勝ちに導き「追い込んだら、三振は取りにいきました。ストレートは力まず、リリースに集中することができたと思う」と胸を張った。

 冬のスキー合宿で転倒負傷し、春の県大会を欠場。その間に下半身強化に努めたことが、力強さと安定感につながった。昨夏代表で甲子園春夏3度の優勝を誇る報徳学園が3回戦で公立校の加古川西に敗れる大波乱が起きた激戦区の兵庫大会。藤本は「日本一になることが目標。そのためにチームに貢献していきたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース