明治安田生命 37年ぶり都市対抗1勝 嵐の桜井&相葉が生まれた年

[ 2019年7月18日 21:39 ]

第90回都市対抗野球大会第6日 2回戦   明治安田生命(東京都)2―0Honda熊本(大津町) ( 2019年7月18日    東京D )

<Honda熊本・明治安田生命>2回1死一、二塁 高瀬の適時二塁打で生還した道端とハイタッチをかわす明治安田生命ナイン (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 明治安田生命が1982年以来、実に37年ぶりに都市対抗で勝利を挙げた。まだ東京ドームではなく、後楽園球場。社名も明治生命時代だった。昭和57年だから平成では勝利がなく令和元年にやっと勝ったことになる。

 82年、女子ゴルフの岡本綾子がLPGAツアーで初勝利を挙げ、世界的には4月にアルゼンチン軍とイギリスが領有権を争った“フォークランド紛争”が勃発した年でもあった。

 嵐の桜井翔が1月に、深田恭子が11月に、同じく嵐の相葉雅紀が12月に生まれた。そう思うと37年は長い。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月18日のニュース