マエケン 8勝目ならず、2回無失点も降雨2時間半中断のため降板

[ 2019年7月18日 12:48 ]

ナ・リーグ   ドジャース―フィリーズ ( 2019年7月17日    フィラデルフィア )

フィリーズ戦に先発したドジャース・、前田健太投手(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)は17日(日本時間18日)、敵地フィラデルフィアでのフィリーズ戦に先発。1―0で迎えた3回1死一塁の場面で、雷雨による大雨で試合は2時間37分にわたって中断したため、降板した。35球で無安打無失点、3三振2四球の内容で、勝敗は付かず5月31日以来47日ぶりの今季8勝目はならなかった。

 前田は初回、先頭のヘルナンデスを見逃し三振。キンガリー、ハーパーに連続四球を与えたものの、ホスキンスを見逃し三振、ミラーをニゴロに打ち取って無失点の立ち上がり。2回は3者凡退に抑え、リズムに乗り出したが、直後の3回の攻撃中に雨足が強まった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月18日のニュース