DeNA 筒香2番バッチリ!わずか2球で追いつく

[ 2019年7月18日 19:08 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2019年7月18日    横浜 )

<D・中>3回2死、中前適時打を放つソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAがわずか2球で同点に追い付いた。

 1点を追う3回、2死から2番・筒香がロメロの初球、135キロのカットボールを捉えて右中間二塁打。続くソトも初球の150キロ直球を果敢に打ちにいき、中前適時打で筒香を迎え入れた。

 筒香は後半戦スタートの15日の広島戦からプロ初の2番で出場。「(前日までの)この3試合で9度、出塁している。2番でスタイルを変えるというより、“ストライクは絶対に振る”という意気込みを感じる。メンタル的なものを変えたのでは」とラミレス監督。

 筒香は2番での3試合で出塁率・643。新たな形がピタッとはまっている。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月18日のニュース