【岩手】V候補に波乱 今春センバツ出場の盛岡大付3回戦敗退 一関工に1点及ばず

[ 2019年7月18日 17:29 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会4回戦   盛岡大付3-4一関工 ( 2019年7月18日    岩手県営 )

 今春センバツに出場し、優勝候補にも挙げられていたシード校の盛岡大付が一関工に敗れた。

 1点を追う2回に2点を奪って逆転も以降は一進一退の攻防。4回に3―3の同点としたが、6回に勝ち越しを許すと、一関工の背番号10で左腕の平野から追加点を奪えず、1点差で敗れた。

 一関工は今春県大会2回戦で敗退。平野は粘りの投球が光り、3失点完投で大金星を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース