【埼玉】浦和実・4番で正捕手の竹内が大勝けん引 土居監督に「恩返し」

[ 2019年7月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 埼玉大会3回戦   浦和実9-1県浦和 ( 2019年7月17日    大宮公園 )

初回、左越え2ランを放ち三塁ベースを回る浦和実・竹内
Photo By スポニチ

 浦和実は、4番で正捕手の竹内が浦和との3回戦で7回コールド勝ちに導いた。初回、1点を先制し、なお1死二塁から「体が開かないように意識した」と左越え2ラン。守っても「ランナーは俺に任せろと言いました」と振り返るように4回に二盗を阻止し、1失点に抑えた豆田と三田を好リードした。

 「恩返しがしたかった」と昨秋に打撃不振に苦しみながらも4番で使い続けた土居健太監督に勝利を届け「次も勝って、自分も打ちます」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース