【埼玉】花咲徳栄 エース左腕・中津原がノーヒットノーラン

[ 2019年7月18日 12:46 ]

第101回全国高校野球選手権埼玉大会3回戦   花咲徳栄9―0正智深谷 ( 2019年7月18日    大宮公園 )

 花咲徳栄のエース左腕・中津原隼太投手(3年)がノーヒットノーランを達成した。

 サイドスローから丁寧な投球で、打たせて取りながらも11奪三振。6回に四球を1つ出しただけの準完全試合だった。「意識したら良くないのはわかっていたので、1つ1つ集中して投げた。四球を出したのはもったいなかったが、自信になった」と笑顔で振り返った。

 スタンドには昨年のエースで現日本ハムの野村佑希も応援に駆けつけ、先輩の前で成長した姿を見せた。

 3番・韮沢雄也内野手(3年)、4番・井上朋也外野手(2年)と最強クリーンアップを携える一方、投手陣が4年連続の甲子園出場へ大きな鍵を握るとされてきた。それだけに、チームにとっても大きな勝利。

 岩井隆監督も「まさかまさかです。びっくりした」とうれしい悲鳴をあげていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月18日のニュース