大船渡・佐々木 3回戦も“省エネ”目指す「イニング数は少ないに越したことはない」

[ 2019年7月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会

大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 大船渡の163キロ右腕・佐々木擁するチームは18日、一戸との3回戦に臨む。

 16日の今大会初戦(対遠野緑峰)は佐々木が先発して2回を19球で完全に抑え、5回コールド勝ち。甲子園まで9日間で6試合という険しい道のりの中、投球回数も球数も最高の形で滑り出し「イニング数は少ないに越したことはない。点を取れば(イニング数も)少なくなる」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース