日本ハム・ハンコックが再来日 5月に右肩痛め米国でリハビリ

[ 2019年7月18日 15:11 ]

日本ハム・ハンコック投手
Photo By スポニチ

 日本ハムは18日、痛めていた右肩の精密検査と治療で米国に一時帰国していたジャスティン・ハンコック投手(28)が、成田空港着の航空機で再来日したと発表。19日の札幌ドームでの練習からチームに合流する。

 セットアッパーとして期待された右腕は開幕から調子が上がらず、5月11日の西武戦の登板中に右肩の違和感を訴え、数日後に受けた病院での検査結果は「右肩腱板(けんばん)炎」。同月下旬には帰国し、現地で地道なリハビリを行ってきた。ここまでの成績は8試合で0勝1敗2セーブ、防御率9・00。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月18日のニュース