西武・十亀、反省の7回2失点 地元初白星お預け「取られ方良くない」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

交流戦   西武5-2中日 ( 2019年6月19日    ナゴヤD )

力投する西武先発の十亀(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武先発の十亀は7回5安打2失点で勝敗はつかなかった。愛知県出身で地元での初白星はお預けとなったが、5回以降は無失点に抑えて逆転勝ちにつなげる好投。

 ただ、投球を振り返り「点の取られ方が良くなかった。7回2失点と試合はつくれたが、もう少し何とかできることがあるんじゃないか」と反省が口を突いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース