巨人・丸が大暴れ!同点弾&V三塁打の全4打点 交流戦5カード連続勝ち越し

[ 2019年6月20日 20:46 ]

交流戦   巨人4―2オリックス ( 2019年6月20日    東京D )

<巨・オ3>8回2死一、二塁、右越えに適時三塁打を放つ丸(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人が4―2でオリックスに勝利し、交流戦5カード連続勝ち越しを決めた。3番・丸が同点2ランと勝ち越し2点打と全打点を稼いだ。

 打線は序盤、オリックス先発K―鈴木を攻めあぐね、4イニング無安打が続いた。だが、2点ビハインドの6回、2死一塁で丸が左翼ポール際へ12号2ランを放ち同点に追いついた。

 丸の勢いは止まらない。8回の第4打席は2死一、二塁の場面で2番手・近藤の3球目をスイング。ライトオーバーとなる2点適時三塁打で勝ち越した。

 巨人は明日21日から交流戦優勝を懸けてソフトバンクとの3連戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース