中日 交流戦2年連続負け越し決定…打線機能せず 与田監督「結果がどうあれ…」

[ 2019年6月20日 21:31 ]

交流戦   西武2―1中日 ( 2019年6月20日    ナゴヤD )

<中・西>交代を告げ、スタンドを見つめる与田監督(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は打線が機能せず、西武に惜敗。カード3タテをくらい、交流戦の負け越しが決まった。

 先発・山井が2回に山川のソロなどで2点を先制されたが、走者を出しながらも粘り強い投球で6回途中2失点。後を継いだ救援陣も無失点と踏ん張った。

 だが、打線が2点を追う4回に無死一、三塁の好機をつくったが高橋が二ゴロ併殺。1点を返したものの結局、得点はこの1点のみに終わった。

 2回には無死一塁でヒットエンドランを仕掛けたものの高橋が二直に打ち取られ、飛び出していた一塁走者のビシエドも戻れず痛恨の併殺プレーに。与田監督は「チャンスを広げるために手段を講じている。点を取れないときは動かしていく。結果がどうあれ、やるべきことをやる」と話した。

 交流戦は5勝10敗で残り1カードとなり、2年連続で負け越しが決定。指揮官は「負けたら明日勝つ。勝ったら次も勝つ。そういう気持ちでやるべきことをやっていく」と語気を強めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース