阪神・矢野監督、期待の継投裏目 守屋の四球に「もったいない」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

交流戦   阪神4―9楽天 ( 2019年6月19日    甲子園 )

連敗を止められず、ファンへの挨拶時に渋い表情をのぞかせる矢野監督(左端)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 踏ん張りながらも阪神は最後に力尽きた。延長10回。6番手に守屋を送り込んだ。しかし期待を込めた継投策が連夜の裏目。5失点のビックイニングとなった展開に、矢野監督は歯がゆさを言葉で表した。

 「四球がもったいない。結局、何をやっても“たら、れば”になっちゃうんだけど…」

 結果論ではなく守屋の姿勢を悔やんだ。先頭打者として迎えた19本塁打のブラッシュに四球。続く銀次に左前打を許すと、ウィーラーにも四球を与えた。リベンジの機会を与えたが、1死も奪えないまま降板。無死満塁の大ピンチでバトンを受けた能見も流れを止めることができず大量5失点で勝負が決まった。

 屈辱の一戦から一夜明け。指揮官は同じような状況で、マウンドを託した。前日の楽天戦でも同点の8回に投入。勝負どころでの起用だったが、決勝の2点を奪われていた。連続試合無失点は8でストップ。3年ぶりの黒星も喫していた。失敗はすぐに取り返せ――。そんな親心は守屋にも伝わっていただけに、右腕は「やり返す気持ちと丁寧にいく気持ちでいたんですけど、丁寧にいき過ぎて四球を出してしまった…」と悔やんだ。

 「大事にいく気持ちもわかる。大事に行く場面だし。でも振り返ると、投げっぷりのいい投手。持ち味。そこは行って欲しかったなというのはある」

 指揮官は本来の姿を失っていたことに肩を落とした。慎重過ぎる姿勢が勝敗を分けたと言っていい。ただ、最後にこうも言った。「こからどういう姿を見せてくれるか見ていきたい」。矢野阪神は若虎を見捨てない。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース