楽天・茂木 前夜から4打席連続安打!5回満塁機で同点2点打「しっかり仕事できた」

[ 2019年6月20日 19:55 ]

交流戦   阪神―楽天 ( 2019年6月20日    甲子園 )

<神・楽>5回1死満塁、茂木は中前に2点適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 楽天・茂木の好調なバットで中盤に同点とした。相手守備の失策も重なり、0―2の5回1死満塁のチャンス。フルカウントまで粘って高橋遙が投じた141キロのカットボールを茂木が捉え、中前に同点の2点打を放った。

 「満塁のチャンスでしっかり仕事ができました」

 前日は1点勝ち越した延長10回に右翼線へ追撃の2点二塁打。劇的勝利に貢献した。この日も初回、3回と2本の内野安打を放ち、5回で2試合をまたいでの4打席連続安打だった。

 開幕から打率3割台をキープする。平石監督も「内面的にも成長を見せている。昨年までとは違う(茂木)栄五郎になっている」と、頼もしげだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース