日本ハム今季最悪タイ4連敗…清宮、代打初安打も勝利つながらず

[ 2019年6月20日 05:30 ]

交流戦   日本ハム6-7DeNA ( 2019年6月19日    横浜 )

5回1死一塁、右翼線に二塁打を放つ代打・清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハムは今季ワーストタイの4連敗を喫した。左膝骨折で今季絶望となった上沢の無念を晴らすべく、打線が2度のビハインドを追い付く執念を見せたが、最後は抑えの石川直がサヨナラ打を浴びた。

 清宮は5回に代打で登場し、代打ではプロ通算10打席目で初安打となる右翼線二塁打。一時勝ち越しとなる猛攻を演出も勝利につながらず、清宮は「チーム力が問われる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース