広島 会沢が猛打賞サヨナラ打!6点差追いつかれる展開に「これも野球でしょう。はい」

[ 2019年6月20日 22:09 ]

交流戦   広島7ー6ロッテ ( 2019年6月20日    マツダ )

9回2死満塁、会沢は左前にサヨナラ打を放ちガッツポーズ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島がロッテとの交流戦3戦目を7―6で勝利。終盤のロッテの猛反撃を振り切り、3タテを阻止した。

 6回まで6―0と大きくリードしていたが、中継ぎ陣がロッテの猛攻につかまり、9回には同点に追いつかれた。だが、直後の9回2死満塁、7番・会沢がロッテ5番手・ブランドンの初球を左前へ運ぶサヨナラ適時打を放ち、7―6で競り勝った。

 1死満塁で6番・バティスタが空振り三振に倒れ、追い込まれた打席。「なんとか、なんとか打ちたいという思いで打席に立ちました」と振り返り、見事に結果を残した。ナインに迎えられ「うれしかったですし、疲れていたので…みんなの笑顔を見て力をもらいました」と笑顔。だが、大量リードの前半と、ジワジワと追いかけられた後半との全く異なる試合展開には「これも野球でしょう。はい」と真顔。その中で、プロ初出場初先発し、初打席で初安打を記録したドラ1・小園の活躍については「ノッていけた部分もありますし、ああいうフレッシュさというのは、僕らも忘れてはいけないと思います。見習いたいと思います」と感謝した。

 会沢は2回に8号ソロを放ち、8回にも二塁打。この日3安打も「(自分のバッティングは)まだまだですね。もっともっとチームに貢献できるように頑張ります」と謙虚。残り4試合となった交流戦については「全力で戦っていくだけです」と話し、赤く染まった本拠地のファンに深々と頭を下げて感謝を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース