ソフトB・スアレス、先発3度目また黒星…初回の3失点響き「非常に悔いが残る」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク2-3ヤクルト ( 2019年6月19日    神宮 )

先発するスアレス(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのスアレスは4回6安打3失点で、これで先発した3試合はいずれも黒星を喫した。初回に青木の左前適時打とバレンティンに2ランを浴びた。救援陣は無失点で踏ん張っただけに「初回に3失点というのは非常に悔いが残る」と肩を落とした。

 来日4年目の今季は救援から先発に転向したが、持ち味の速球の走りがいまいちで安定感を欠いている。実績十分のバンデンハークが右肘痛で離脱した中で、巡ってきたチャンスを生かせなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース